実績

Publications

2019年以前の実績については,各スタッフのresearchmap [大門井桁] をご覧ください.

論文 (英文)

  • Homma G, Daimon T. Sequential parallel comparison design with two coprimary endpoints. Pharm Stat. 2020 May;19(3):243-254. doi: 10.1002/pst.1987.

  • Fujikawa K, Teramukai S, Yokota I, Daimon T. A Bayesian basket trial design that borrows information across strata based on the similarity between the posterior distributions of the response probability. Biom J. 2020 Mar;62(2):330-338. doi: 10.1002/bimj.201800404.

  • Kakizume T, Zhang F, Kawasaki Y, Daimon T. Bayesian sample-size determination methods considering both worthwhileness and unpromisingness for exploratory two-arm randomized clinical trials with binary endpoints. Pharm Stat. 2020 Jan;19(1):71-83. doi: 10.1002/pst.1971.

  • Isogawa N, Takeda K, Maruo K, Daimon T. A comparison between a meta-analytic approach and power prior approach to using historical control information in clinical trials with binary endpoints. Ther Innov Regul Sci. 2019 Jul 31:2168479019862531. doi: 10.1177/2168479019862531.

学会発表 (国内)

  • 大門貴志. 統計解析の方法を正しく選択するために:概論. Bayer Medical Dialogue Web Conference, オンライン講演, 2020年5月12日.

  • 大門貴志. 診療放射線技師として知っておくべき統計学の基礎 [シンポジウム1 (研究に必要な統計を研究の立案・計画から考える) 招待講演演者・パネリスト]. 第76回日本放射線技術学会総会学術大会, 横浜(web開催), 予稿集, 99, 2020年5月23日-6月14日.

  • 大門貴志. 生存時間解析:Kaplan-Meier法に基づく生存時間曲線の推定. 日本放射線技術学会 中国・四国支部 第6回統計セミナー, オンライン講演, 2020年6月15日.

  • 大門貴志. 生存時間解析:ログランク検定に基づく生存時間曲線の比較. 日本放射線技術学会 中国・四国支部 第7回統計セミナー, オンライン講演, 2020年6月18日.