統計相談

Statistical Support

諸種の科学研究における統計相談・支援

科学における研究は,個々の専門分野にまたがる「智慧」の獲得を意図し,その主題に接近する方向性をもった学習の過程であり,種々の統計的方法論の目標はその過程をできるだけ効率よく進めることにあります (「教室紹介」参照).研究におけるこの学習過程は,研究者とそこに参画した統計家との間の対話と相互の立場 (専門性) の適正な理解に基づいて構築されます.とくに,その構築の成否は,統計的方法論の実践者・専門家である統計家が決して「召使的」ではなく「相互扶助的」な協力者として当該研究の多くの局面に広く深く参画できるかが大きな鍵を握ります *1), *2)

  • *1) Finney, DJ. The questioning statistician. Stat. Med. 1982, 1, 5-13.
  • *2) Brown, BW, Hollander, M. Statistics: A Biomedical Introduction. John Wiley & Sons, 1977 [医学統計研究会訳. 医学統計解析入門. 東京: MPC社, 1995].

我々の教室は,上記のことを念頭において,様々な科学研究について,研究者の方々の良き理解者としてご相談に対応し,ご依頼内容によっては共同研究者の立場で参画し支援を行っています.

アカデミアや企業を問わず,ご自身の研究において我々の教室がお役に立てることがあれば以下までご連絡ください.

 なお,兵庫医科大学に所属をお持ちの方は,下記の「兵庫医科大学病院 臨床研究支援センター」の学内専用窓口から,所定のお手続きに従って研究相談の申し込みをお願いいたします.

https://www.hosp.hyo-med.ac.jp/research_center.html

 

<ご相談前にご確認ください (学内外共通)>

・相談申込から面談まで2~3週間のお時間をいただく場合がございます.

・割付のみ,目標症例数の算出のみ,ソフトウェアの使用方法のご説明のみのご依頼は,原則としてお受けできません.

・大学院生又は助教の先生につきましては,指導教員をCCに加えて申し込みを行ってください.

・データ解析をご依頼される場合は,以下のご確認をお願いいたします.

・研究概要,データセット等のご説明を願いいたします.内容によりお受けできない場合がございます.

・事前にデータクリーニングをお願いいたします.必要に応じて,データ加工を依頼する場合があります.

・必ず個人情報は削除し,最新のデータをご提供ください.

・ご依頼の後にデータを修正される場合は,修正箇所のご説明をお願いいたします.

・研究相談で得られた知見に基づいて論文を執筆する場合は,データ解析の有無に関わらず,原則として共著者に加えていただくことをご検討ください.

お問合せ先
医療統計学 事務局
biostat@hyo-med.ac.jp